YouTubeで収入を獲得する基本の仕組み

YouTuberとして第一歩を踏み出す初心者にとって、YouTubeの収益の仕組みを知ることが大切です。収入の獲得方法を理解できれば活動スタイルが明確になり、効率よく稼げるチャンスが広がります。
最も一般的な収入の獲得方法が、動画内広告です。YouTubeで動画再生すると、必ずといって良いほど動画内に企業の広告が表示されます。これはGoogleのアドセンス広告が使われており、企業が広告費を払って出稿したものです。それをYouTuberの動画に表示することで企業の宣伝効果が高まったり、商品が売れたりする効果を期待できます。その広告費の一部が、YouTuberに支払われます。
アドセンスで獲得できる収入は、動画の再生回数と再生単価によって算出されます。つまり、自分が投稿した動画がたくさんの人に観られるほど、比例して稼げるわけです。
YouTubeで表示されるアドセンスには、いくつかの種類に分類されます。
インストリーム広告とは、動画の再生中に割り込ませるタイプの広告です。動画の冒頭や、途中に挟まれるケースが多いです。比較的長い時間再生する広告の場合、広告をスキップする機能がついていますが、中には最後まで視聴しなければ動画本編が再生されないタイプも存在します。画面全体を使って再生するため、最も目立つ広告です。
オーバーレイ広告とは、動画の本編再生中に出てくるバナー広告のことです。画面下部に長方形の小さな広告が表示されます。動画の上に表示されるため、肝心な部分が広告に隠れないよう調整して動画を作る必要があります。視聴者は小さなバツボタンで広告を非表示にできますが、動画本編の途中で差し込まれるインストリーム広告に比べ、長く広告を見てもらえるメリットがあります。
他にも動画の再生画面以外の広告から収入を得る方法が存在します。各動画ページのサイドバーに表示される広告で、視聴者がクリックすることで報酬を獲得できます。但し、広告収入の獲得しやすさでは、インストリーム広告とオーバーレイ広告の効果が高いとされます。
広告以外だと、視聴者が直接お金を払って支援するスーパーチャットやYouTubeチャンネルメンバーシップ経由で収入を獲得できます。
最も稼げるのが企業案件です。企業から依頼を受け、動画でその企業のサービスを紹介することで多額の報酬を受け取れます。人気YouTuberになると企業案件を獲得できる確率が上がります。